腱鞘炎

ばね指(狭窄性腱鞘炎)

 手や指をたくさん使った後、指の付け根が痛くなり、指が引っ掛かるように感じることはありませんか。

 指は腱の働きによって曲げることができますが、その腱は指や手に数箇所ある腱鞘(けんしょう)というトンネルのような組織の中で動いています。

 ばね指はその腱や腱鞘が炎症を起こして腫れ、通過障害を起こす疾患です。

 指を伸ばすときに引っ掛かりながら、ばねのように勢いよく動くことからそう呼ばれています。

ドケルバン腱鞘炎

 ドケルバン腱鞘炎は、親指を大きく広げると、手首に出る2本の腱と、手首の背にある腱鞘の間に摩擦が生じることによって発症する狭窄性腱鞘炎です。

 親指を使い過ぎて負荷がかかり、腱鞘が分厚くなって、腱の表面に傷がついたりすることで炎症をおこします。

 妊娠さんや出産後の女性が、ホルモンの変化がきっかけになって多く発症するほか、スポーツや仕事で手や指をよく使う人にも見られるのが特徴です。

 近年はスマートフォンの長時間利用で発症する人も増えています。

織田接骨院の施術方法

 腱鞘炎は患部を安静にすることが大切ですが、日常生活や仕事でどうしても安静にできない利用者様のために、初検時に疼痛動作の確認、日常生活習慣をカウンセリングさせていただき、当院では痛みを和らげる電気機器や超音波、手技、テーピング、サポーター固定を使い、早期改善を目指していきます。

 腱鞘炎でお悩みの方は世田谷 中町の織田接骨院にご相談ください。

受付・施術時間

 
午前 -
午後 --

※予約優先です。予約をお願い致します。

【月~金】
午前8:30~午後12:00
午後3:00~午後 7 :00
【土】
午前8:30~午後12:00


【定休日】
日・祝

所在地

〒158-0091
東京都世田谷区
中町5-17-8
東急田園都市線用賀駅から徒歩12分
東急大井町線上野毛駅から徒歩12分
東急バス中町五丁目バス停の前

0120-999-969

お問合せ・アクセス・地図

PageTop