四十肩・五十肩

このようなお悩みはありませんか?

☑肩が痛くて腕が上がらない

☑服を着たり、脱いだりすると肩が痛い

☑肩に違和感がある

☑手を後ろに回せない

☑寝返りをすると肩が痛む

四十肩・五十肩とは?

 四十肩・五十肩は肩の周囲の炎症です。

 加齢や過労などで発症する場合があります。

 四十肩・五十肩は肩こりとは別で、40代、50代での症状が多いため四十肩・五十肩と呼ばれています。

四十肩・五十肩の症状について

 肩や肩周辺の痛みによって、腕が上がらなくなったり、就寝してからや明方頃に痛みで目が覚めたり、服を脱ぐ動作が困難になる等日常生活に支障をきたすことがあります。

 病院や整形外科などで、レントゲンを撮っても、骨に問題無く原因のわからないままで、湿布や痛み止めなどで終わってしまう場合があります。

四十肩・五十肩の原因とは

 肩関節は身体の関節の中で最も可動範囲が広い関節です。

 他の関節で見られるような骨や靭帯による安定性が欠けており、関節周囲の筋肉に頼る形となっているため、本質的に不安定で複雑な構造をしています。

 不安定な構造をしているため、肩の捻挫や脱臼などの怪我を引き起こしやすい関節です。

 日常生活で良く使う関節のため、長年の過労や年齢的な変化により負担がかかり四十肩・五十肩の疾患として痛みが出てきてしまいます。

四十肩・五十肩をそのままにしてしまうと・・・

 肩関節は、多少の痛みや違和感があっても、使い方に気をつければ、日常生活は、問題なく送れてしまいます。

 その結果、長期的に放置してしまい、徐々に症状を悪化させてしまいます。

 四十肩・五十肩は、筋肉や靭帯の軟部組織の損傷や拘縮等をおこしていることが少なくありません。

 要因は、様々ですので、悪化させないように痛みが出ている部位を確認しながら、早めに施術することが大切です。

織田接骨院の四十肩・五十肩施術

 当院では、超音波観察装置を使って検査を行っていきます。

 その上で、適切な施術をさせていただきます。石灰性腱板炎等他の疾患が考えられ、レントゲン・MRIでの画像診断が必要な場合、当院と連携している整形外科を紹介いたします。

 筋肉や腱が拘縮している場合は、電気と解剖学的指圧で筋、腱の硬さを取り除きます

 関節の可動域を広げるために、痛くないようにストレッチ療法や運動療法を行い肩周囲の筋肉強化をしていきます。

 姿勢が悪く、首や肩甲骨の影響で肩が動かしにくい場合は、正しい姿勢や運動を指導して根本改善を行います。

 患者様のお話しをよく聞いて、出来る限り、早く解消するために、四十肩・五十肩の要因を見つけて、適切な施術をしていきます。

受付・施術時間

 
午前 -
午後 --

※予約優先です。予約をお願い致します。

【月~金】
午前8:30~午後12:00
午後3:00~午後 7 :00
【土】
午前8:30~午後12:00


【定休日】
日・祝

所在地

〒158-0091
東京都世田谷区
中町5-17-8
東急田園都市線用賀駅から徒歩12分
東急大井町線上野毛駅から徒歩12分
東急バス中町五丁目バス停の前

0120-999-969

お問合せ・アクセス・地図

PageTop