テニス肘でお困りの方はこちら!

文責:院長 柔道整復師 織田 栄作

最終更新日:2021年04月01日

テニス肘とは

 正式には「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」と呼ばれています。

 テニスプレーヤーの3〜5割が経験したことがあるといわれるためテニス肘とも呼ばれます。

 

・肘の外側を押すと痛む

・タオルをしぼる動作で肘の外側から前腕が痛む

・ポットやヤカンを持つと肘の外側に痛みが走る

・肘に痛みがありレントゲンで骨に異常がないと言われた

 

 このような痛みのある方はテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の可能性があります。

織田接骨院の施術方法

 まずは初検時に肘の外側痛の原因となる、日常生活や仕事での動作について、カウンセリングを行います。

 超音波観察装置を使って筋、腱の状態を探る場合もあります。

 肘の外側に痛みがあるからといって、強く揉んだりせず、電気療法とストレッチを施し、状態によって患部周囲の施術もを行っていきます。

 また、早期回復のため日常生活動作や運動指導もお伝えしております。

 テニス肘(上腕骨外側上顆炎)でお悩みでしたら、織田接骨院までご相談下さい。

受付・施術時間

 
午前 -
午後 --

※予約優先です。予約をお願い致します。

【月~金】
午前8:30~午後12:00
午後3:00~午後 7 :00
【土】
午前8:30~午後12:00


【定休日】
日・祝

所在地

〒158-0091
東京都世田谷区
中町5-17-8
東急田園都市線用賀駅から徒歩12分
東急大井町線上野毛駅から徒歩12分
東急バス中町五丁目バス停の前

0120-999-969

お問合せ・アクセス・地図

PageTop